医療機関事務へ転職

医療機関の事務へ転職するには

医療機器メーカーの事務へ転職

医療機器メーカーの事務へ転職する時は、営業店なら営業事務になります。電話対応や営業の人サポート、伝票入力、受発注など営業店の雑務全般をします。 医療機器メーカーの営業店だと、営業職の人は、外回りのためほぼ会社にはいません。なので、仕事は自分のペースですることができます。繁忙期は、月末や期末など他の業種の会社と変わりません。繁忙期以外は、比較的時間に余裕を持って仕事ができます。 大きな会社なら、エクセルやワードに詳しくなくても、書類など決まった様式があるので心配はいりません。会議資料の作成なども一般的なワードやエクセルのレベルで大丈夫です。

医療機器販売業界への転職

割と安定しているという理由もあり、医療機器販売業界への転職は人気があります。一度この業界の仕事に就いた人の離職率が低いのも特徴的です。多くの医療現場では直接命に携わる仕事に従事しており、独特の緊張感があります。そのような現場に貢献をするこの仕事にはその分、やりがい、生きがいを感じやすいとも言えます。医療機器は専門性が高く、普段は目にすることも少ない機器がほとんどなので最初は戸惑ったり、理解がしにくい面がありますが、必要な知識やノウハウを身につけ、医療現場の役に立っていると実感することができれば、それは大きな喜びに変わります。転職先としては優良な仕事です。

↑PAGE TOP